風俗に行った後性病にかかる可能性

>

三つの性病検査方法

病院と保健所

性病の検査方法としては、3つあります。

まず、一つ目の方法としては病院で診察をしてもらう、という方法。
病院で診察をしてもらうメリットとして、陽性の反応が検査後に出た場合、そのまますぐに治療に移行できるということです。
費用は、性病の検査料の他に、初診料や診察料がかかり、また症状が出る前の検査だと、保険は適用外になります。
また、診察までに待ち時間があったり、あらかじめ予約をする必要がある可能性があることもデメリットと言えます。

二つめの検査方法としては、保健所での検査です。
保健所では、検査料は無料で、また匿名で検査を受けることができるのがメリットと言えます。
ただ、保健所で主に検査をしているのはHIVが中心であり、すべての性病を網羅していない点、検査をしてくれる日が限られており、自分のタイミングで検査が受けられないのがデメリットと言えます。

検査キット

最後の検査方法としては、検査キットによる性病検査があります。
今では、この検査キットによる検査が一番主流になっています。

検査キットでの代表的な検査方法を説明します。

まず、インターネットで検査キットを購入します。
届け先は自宅の他に、コンビニや郵便局を指定することができ、梱包も検査キットだとわかりにくいものになっているので、他人に知られる危険性は低いです。

取り扱い説明書に従って、サンプルを採取し、送り返します。

送ったサンプルを検査してもらうのですが、検査は病院や保健所が使用している、国の認可を受けた検査機関なので、安心です。

検査結果は、郵送での検査報告だったり、オンラインでの報告を見ることができる業者もあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る