風俗に行った後性病にかかる可能性

>

風俗で性病になる可能性

性器クラミジア感染症

代表的な性病としてあげられるのは、性器クラミジア感染症と淋菌感染症です。

性器クラミジア感染症の特徴として、自覚症状がなく、気づかない人が多いようです。

初期の症状としては、尿道炎といって、尿をするときに痛みを感じます。
そして、治療せずに一週間ほど放置していると、前立腺炎になってしまうようです。
前立腺炎になると、痛みを感じなくなるため、さらに自覚症状がなくなってしまい、悪化してしまう可能性が高くなります。

さらに悪化すると、副睾丸炎というものにかかってしまいます。
副睾丸炎にかかってしまうと、睾丸が腫れてしまい、痛みや熱を発してしまいます。
また、不妊症になってしまう可能性もあります。

一回に性行為で、相手に性器クラミジア感染症を移す可能性は50%と言われています。

淋菌感染症

性器クラミジア感染症の次に多いのが、淋菌感染症です。

淋菌感染症の特徴として、男性はすぐにその症状がでますが、女性は症状が軽く、症状が進行するまで気付かないことが多いのです。

男性の症状として、ペニス全体が腫れてしまう、尿道が腫れてしまう、尿をするときに膿が出る、などがあります。
性器クラミジア感染症と症状が似ておりますが、膿のような尿がでやすいのが、淋菌感染症です。
進行も性器クラミジア感染症と似ており、尿道炎からはじまり、前立腺炎、そして不妊症になってしまう可能性があります。

妊婦が淋菌感染症にかかっていると、赤ちゃんにも移ってしまいます。
目ヤニや結膜の充血で結膜炎を発症してしまう可能性があります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る